BRIDGESTONE

Diversity

ダイバーシティ
&インクルージョン

若手社員が先輩に聞く
ブリヂストンソフトウェアでの働き方

ブリヂストンソフトウェアでは、社員一人ひとりが活き活きと自分らしく働くことができるよう、
福利厚生を充実させています。具体的にどのような制度があり、
どのように活用されているのか、若手社員が先輩にインタビューしました。

Interviewer

  • A.S.

    A.S.

    2017年入社/製品開発システム部

    2017年に新卒として入社後、配合チームにてシステム開発に従事。現在はタイヤ設計・品質保証チームにてシステム開発を担当。

  • M.M.

    M.M.

    2016年入社/生産システム部

    2016年に新卒として入社後、海外工場におけるタイヤの生産・仕様管理システムの開発に従事。

Interviewer

  • E.Y.

    E.Y.

    2010年入社/デジタルイノベーション推進部

    工場や設計に関するシステムの開発に従事。二度の産休・育休を経て、現在はデータ利活用促進に関する調査・研究等を担当。

  • T.S.

    T.S.

    2014年入社/インフラ技術部

    ブリヂストングループの全従業員が利用するPC・モバイルや、メール、ネットワーク、セキュリティなど周辺環境の運用保守を担当。

仕事と家庭の両立のコツを教えてください
Theme 01

仕事と家庭の両立のコツを教えてください

  • 仕事と家庭の両立のコツを教えてください

    子どもが小さい頃は、「短時間勤務制度」を活用していました。この制度は1日最大3時間所定労働時間を短縮できるので、そこで仕事と育児のバランスを取っていましたね。
    現在はフルタイムで働いていますが、子どもの送迎があるため残業ができません。だから、会議の時間を短縮したり、上司や同僚にこまめに状況報告したりすることで、仕事の効率アップに励んでいます。

  • 仕事と家庭の両立のコツを教えてください

    私は「フレックスタイム制度」を活用しています。当社の就業時間は通常8時30分から17時00分ですが、子どもを保育園に送り届けてから出社するのに間に合わないケースもあります。こういう場合には事前に上長に承認を得て出社時間を遅らせることが可能です。私以外にも、かなりたくさんの社員が活用している印象ですね。

数字で見る仕事と家庭の両立

  • 産休取得率 100%
  • 育児休職取得からの復職率 100%

プラチナくるみん取得

プラチナくるみん取得
当社は、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む「子育てサポート企業」として、2014年に続き2回目となる「くるみん」認定を取得しました。また2017年は、既に「くるみん」認定を取得している企業のうち、さらに高い水準の取り組みを行っている企業に与えられる特例認定「プラチナくるみん」を、ブリヂストングループとして初めて取得しました。2019年で7回目となる「子ども参観日」(従業員の子どもが親の職場を訪問する)の開催や、年休の平均取得率84%、全社員の取得率70%以上を目指し、現在も活動を推進しています。
どういった点が働きやすいと感じますか?
Theme 02

どういった点が働きやすいと感じますか?

  • どういった点が働きやすいと感じますか?

    私は入社してから2年ちょっとのタイミングで産休に入ることになりました。まだまだ一人前ではなかったので、いざ復帰する際に「ついていけるかな?」と不安になったことを覚えています。
    でも、総務からパソコンを貸し出していただいたおかげで、会社の情報はいつも共有されていましたし、復帰前にも課長と面談があって「復帰したらこういう仕事をお願いしようと思っている」「不安に思っていることはないか?」など、いろいろと話し合うことができたので、安心することができました。
    また、子どもが体調を崩したときなどは「看護休暇」を取得できるのもありがたいですね。

  • どういった点が働きやすいと感じますか?

    当社では、業務効率化を実現するための取り組みとして「テレワーク」の活用が推奨されています。たとえば私の家庭では、学校や保育園の保護者会などのイベントは妻と交代で参加していますが、午前中は自宅で「テレワーク」、午後は保護者会というフレキシブルな働き方が可能になりました。
    また、それらの制度利用のガイドラインも整ってきており、申請から許可までの流れもスムーズなので、とても活用しやすいと感じますね。

数字で見る働きやすい環境

  • テレワーク利用率 52.9%
  • WEB会議利用率 65.7%
理想とする働き方について教えてください
Theme 03

理想とする働き方について教えてください

  • 理想とする働き方について教えてください

    今は仕事と家事の両立で手いっぱいなのですが、理想としては、もっと子どもと向き合う時間をつくっていきたいです。「短時間勤務」や「テレワーク」、「看護休暇」に「フレックスタイム」など、制度そのものは整っていますので、今後もそれらを有効活用していくことで、理想の働き方に近づけていきたいと考えています。

  • 理想とする働き方について教えてください

    社会人である以上、仕事を優先的に考えることは大切ですが、家族との時間や自分のプライベートの時間を確保することも重要です。ブリヂストンソフトウェアは福利厚生が充実しており、自分の裁量次第で働き方のバランスを取ることができるため、環境面ではとても恵まれていると思います。
    また、男性でも育児休暇を活用している人はいるのですが、まだまだ少ない印象です。もっと当たり前に活用できるような環境になり、より働きやすい環境になることを期待しています。

学生へのメッセージ
Message

学生へのメッセージ

当社の社員は264名(2019年4月現在)ですが、ブリヂストングループ全体に関わる業務を担っているので、規模も責任も大きい仕事がたくさんあります。だからこそ、一人ではなく、取引先や上司、チームメンバーなど、さまざまな人たちとコミュニケーションを取りながら進めていくことが大切です。何事にも好奇心を持ってチャレンジできる人や、上司や先輩、同僚を尊敬できる人と働きたいですね。
先輩へのインタビューを終えて
Ending

先輩へのインタビューを終えて

入社前から制度が充実している印象はありましたが、「制度がある」ことと「制度が実際に活用されている」ことには大きな差があると思います。先輩の話を伺って、「フレックスタイム制度」や「テレワーク」「育児休暇」など、さまざまな制度を有効活用されていることが、より実感として伝わってきました。私たちも必要に応じて有効活用することで、よりスマートで自分らしい働き方を実現できる環境に恵まれていると感じました。